Pet Doctor

春先の愛犬の健康管理について

Text by susaki yasuhiko ( 須崎動物病院院長 , ペットアカデミー , ペット食育協会(R) Alternative Pet Nutrition Association;APNA )

2017.02.08

以前からよくあることなのですが、同じご家庭で、複数の犬や猫が、同時または間隔をあけて次々と、
体調不良に見舞われ、飼い主さんが落ち込んでいるケースがよくあります。

食事を変えてもあまり大きな変化を感じられず、

「何が問題なのでしょうか?」

とよく質問されます。

もちろん、原因はあるはずです。

しかし、お祓いをしなければならないとか、
ツボや掛け軸を買わなければならないとか、
さらにハンコを変えなければならないといった類の原因以外に本質的な原因があるはずです。

もちろん、個々のケースで根本原因は違うでしょうし、症状が同じでも原因が同じというケースを当院では診たことがないので、
難病を治すためには、
「●●を食べればいい!」
というわかりやすい万能の答えもありません。

これは、あくまでも当院の経験でしかないので、
参考程度にお読みいただければいいのですが、

●食事の適正化
●体内デトックス
●環境の清浄化

を重視しております。

食べ過ぎず、少なすぎず、
定期的に体内デトックスを行い、生活環境中に原因があるならばそれを特定して除去し
あとは、体内臓器に滞りがあるならば、
経絡刺激などで調整する
という方法で、まず原因を抜くことが重要です。

よく「病気の子」のデトックスに一生懸命で、
「環境の清浄化」を見落とされる方がいらっしゃいますが、
せっかく「病気の子」から原因が抜けても、
環境から入ってくれば、何もしなかったのと一緒になることがあるので、
ぜひ、徹底していただければと思います。

具体的には
 Step 1. 食事を変えてみる
 Step 2. デトックスをしてみる
 Step 3. 環境の清浄化にチャレンジしてみる
 Step 4. 体力が残っているうちに専門家に相談する
という手順で取り組まれてみてはいかがでしょうか?

もちろん、須崎動物病院では、
全てのステップが適切に機能しているかどうかをチェックしてから、
今、すべきことで優先順位の高いものは何か?を探り、実践していただいております。

これから春先にかけて、黄砂などいろいろ飛んできます。
ご注意ください。

無断転載禁止

RECENT ENTRIES