Entertainment

Book

ヴィンヤードやワイナリーで活躍しているワイン犬の写真集

Text & photo by Yoshimi Yoshimoto (Design Studio Paperweight)

2017.01.05

ワイン研修や取材のため、ニュージーランドやオーストラリアに渡航していた知り合いの編集者からかわいい写真集をお土産に貰った。タイトルは『WINE DOG』。

彼の地にはフランスやイタリア、アメリカのカリフォルニアに匹敵するヴィンヤードやワイナリーがあり、訪問ツアーが旅行目的として組まれる程人気がある。そして誰もがそこでまず最初に出会うのが飼い犬達だ。犬がいない葡萄畑は存在しない。忠実な番犬というよりも、オーナー以上の接客ぶりで旅行者を大いに楽しませてくれる。約100社以上のワイナリーの100匹以上の犬が載る写真集には、ガイドはもちろん個性的な犬を紹介するコラムが寄せられていて、ワイナリーを更に魅力的なものにする事に成功していると思う。スコットランドにはウィスキーキャットと呼ばれる、ウイスキーの原料の麦を小動物から守る素敵な猫達がいるが、こんなにたくさんではない。

ワイン犬(Wine Dogだから直訳)の仕事はユニークだ。前述した接客もあれば、呼び鈴代わり、葡萄の匂いで収穫時期を教えるもの、それぞれの犬種の特徴を生かした特技を披露しているらしい。もちろん飲む専門という豪快な輩もいる。

オーストラリアやニュージーランドでは、元々住んでいた希少な動物達が犬のせいで(人間がこの数百年で持ち込んだものが野犬化した)減少した問題を抱えているが、ワイン犬は葡萄の木を有害な動物から守る役目も果たしている。羊や犬が新世界の生態系を破壊したと目を吊り上げてしまいがちだが、ワイン犬たちの活躍を知ると吊り上がった目を今度は細めてしまう。『WINE DOG NEW ZEALAND』のページをめくる度、つぶらで素直な瞳が現れる。

The dog is a gentleman; I hope to go to his heaven, not man's. ~Mark Twain~


WINE DOGS

© 2017 DESIGNSTUDIO PAPERWEIGHT Ltd.

RECENT ENTRIES