Column

「プライス社のキャンドル」

Text & photo by Yoshimi Yoshimoto (Design Studio Paperweight)

2018.04.19

愛犬や愛猫と暮らすとどうしても家の中はきれいにならない。時折異臭がする。いろいろ消臭は試したけれど、見た目も良くて、人にもペットにも害はなくナチュラルな素材で気分が落ち着くものとなれば、やはりキャンドルだろうか。

キャンドルには様々な効果がある。マイナスイオン発生、ライトテラピー、アロマテラピー、そして消臭効果。マイナスイオンは、燃焼する際に発生する水分から、森林や滝周辺と同じくらいのマイナスイオン(約12000個/cm3)が発生するというデータもある。心身共に疲労した時にはあの揺れる明かりを眺める。そのライトテラピー効果は絶大で、キャンドルの炎が持つ" ゆらぎ"は人の心拍鼓動と同じリズムらしい。生命に近い動きは成る程快適だ。

キャンドルに配合されるハーブの成分やオイルにより、不安感や緊張、怒り、恐怖といった感情が消えて、気分がリフレッシュする。適度な明かりと暗がりのバランスが美しい。これを凌ぐものは焚き火ぐらいだろう。人間は始終明るい光を浴びていると疲れてしまう。光に反応して身体を活性化させる脳内物質のせいだ。だからキャンドルで心身を休ませる。

百貨店の雑貨コーナーで買ったプライス社の機能的キャンドル、ペットの消臭用「ハウスホールド」。オレンジやレモン、タイムの香りは苛々した気持ちも鎮めてくれる。1830年創業の、由緒ある英国キャンドルメーカーが作ったモノだが、点火しなくても香りや消臭の効果があり、臭いに被せてごまかすのでは無く、元からケアする成分「オドフォイル」を配合してあるため、臭いの分子構造を破壊し根本から臭いを絶ってくれる。空気を汚さないどころか清潔にし、新鮮な空気を取り戻す効用がある。英国王室の御用達ブランドで、晩餐会等でも使われているらしい。

ペットの消臭用の他に、タバコの消臭用の「アンチタバコ」、キッチンの消臭用の「シェフズ」、旅行用の「グローブトロッター」、虫除け用の「インセントリペレント」がある。可愛いらしい蓋付きのデザインに惹かれて、全て手に入れた。

「アンチタバコ」はその名の通り、タバコの臭い消しに抜群の効果を発揮する。オレンジやグローブの清涼感あふれる香りは、あのタバコ特有の臭いを完全に消してくれる。「シェフズ」はバジルやパチオリ、ゼラニウムの香りで油っぽい空気を変えてくれる。「グローブトロッター」は世界を駆け回るビジネスマンの必需品というコンセプトだそうだが、私は地方のホテルの部屋によくある、カビ臭さの緩和に使用するつもりだ。グレープフルーツやペパーミントの爽やかな香りが、きっと心地良い眠りを誘うだろう。天然素材を使っているから、消灯時にススが出にくいのも助かる。これらを季節事に変えて使うのも面白いかも知れない。夏はオレンジやグローブ、秋はレモンやタイムといったように。

消臭のために買ったキャンドルだが、思わぬ程いろいろ楽しい用途が次々と発見出来る。香りは個人の好みが強く反映されるものだが、プライス社のキャンドルは、端正な華やかさに満ちながら、柔らかで万人が好む仕上げとなっている。いや、犬や猫もぼんやりと私の横で炎を眺めているから、動物にもきっと効果的なんだろう。1日の終わり、小さな炎1つで、十分幸せな気分を味わえる。

© 2018 DESIGNSTUDIO PAPERWEIGHT Ltd.

RECENT ENTRIES